展覧会のお知らせ

<展覧会のお知らせ>

ゆう画廊(銀座)
2017年10月23日(月)-28日(土)
23日 17:00- オープニングパーティー

2012年10月30日火曜日

展覧会_お礼


ふと数えてみますと、「ゆう画廊」で展覧会をさせていただくようになって15年目でした。

Yasukuni Mai   PointLine 2012 ゆう画廊


本年の展覧会も、お忙しい中、お時間を割いておいでいただいた皆様、本当にありがとうございました。
お会いして、お話をできた時間は、とてもとても貴重なものでした。

遠くよりいつも気に掛けていただいている皆様、どうもありがとうございました。
たくさん力をいただいています。

また、いつもいろいろサポートしていただいております画廊スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

Yasukuni Mai   PointLine 2012 ゆう画廊

制作についての文章を掲載させていただきます。
(どこが、制作についてなのかは、ちょっと不明・・)


「きしみ」

その一葉が落ちたからといって、何かが変わるなどと思いもしなかった。
ただ同じように空は青く、風が吹き、木はそこに在り続けるだけ。
けれど、それは違っていたような気がする。
葉が枯れ、地に落ち、朽ちて地に帰る。
それだけの作用だけれど、世界は少し軋む。
また別な葉が落ちて、少し軋む。
そのきしみは歪みかもしれないし、何かに向かう補正かもしれない。

2012年10月29日月曜日

モエレ沼公園_6


モエレ沼公園はとても広いところですので、このレンタサイクルで周りました。


イサム・ノグチは「地球を彫りたい」といコンセプトで、モエレ沼公園を設計したそうです。
これだけ聞くと、とても不遜なことのようですが、実際にこの公園にいると、まさに人もこの地球の一部で、それを彫りたいと思うのも、ごく自然な営みの一つであると感じます。

モエレ山山頂から

同行してくれた友人は、当初全く乗り気でなく、仕方無く付き合ってくれたのですが、自転車で走っているうちに「なんか、ここ楽しい!」とはしゃぎ始めました。
なんだか、そういう自然な力を与えてくれる場所です。

2012年10月27日土曜日

2012年10月26日金曜日

モエレ沼公園_5

ガラスのピラミッドを眺めながら、ぼけっとビールを飲んでいますと、日が傾き始めてしまいました。
あわてて、標高62メートルのモエレ山に昇ることに

モエレ沼公園 モエレ山

モエレ山頂から、モエレ沼公園を眺めたものです。
モエレ山頂から テトラマウント ミュージックシェル

 
モエレ山頂から プレイマウンテン

モエレ山頂から 海の噴水 モエレビーチ
 
モエレ山頂から ガラスピラミッド方面

ガラスのピラミッドの向こうには、こんな造形があります。

ガラスのピラミット展望台から

モエレ山頂から ガラスピラミッド方面


モエレ沼公園_6」に続く


2012年10月24日水曜日

モエレ沼公園_4

こちらはモエレ沼公園のシンボル的建造物、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」
「HIDAMARI」は一般公募で選定された愛称だそうです。

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド イサム・ノグチ

これは、内部からの写真です。
この部分は3階まで吹き抜けのアトリウムとなっています。
また、3階フロア部分にはイサム・ノグチギャラリーがあります。

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド イサム・ノグチ

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド イサム・ノグチ

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド イサム・ノグチ

この建物とても不思議な構造で、ずーっと眺めていたいです。
四角錐と四角柱が、こんな風に一体になっているんですね。

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド イサム・ノグチ

こちらは1枚目の写真の反対側からみたところ。

内側からの写真でもお解りいただけると思うのですが、四角柱部分はプレートがまっすぐに組まれていて、四角錐部分は斜めに組まれています。

そして多分このプレートの「横編・縦編」は「1:2の平方根」
1枚目の写真の三角形は、直角2等辺三角形だと思いますので、辺は「1:1:2の平方根」

と、中学生の時の数学の記憶をフル稼働して、構造を考えているのですが・・。

解き明かされた曉には、またお知らせいたします。

お得意な方、いらっしゃいましたら是非ご助言をお願いします。

モエレ沼公園_5」に続く

2012年10月23日火曜日

モエレ沼公園_3

ここはモエレビーチ

通常は浅く水は張られているのですが、この日は木曜日でモエレビーチお休みの日でした。
干潟のようになっていて、これはこれで珍しい光景でした。

モエレ沼公園 モエレビーチ イサム・ノグチ

モエレ沼公園 モエレビーチ イサム・ノグチ

ここは海の噴水です。
イサム・ノグチはこの公園の計画の中で、噴水を大切な要素としていたようです。

海の噴水 「ビッグワン」 イサム・ノグチ

まさに水による造形です。

海の噴水 「フォッグ」 イサム・ノグチ

海の噴水 「アーチ噴射」 イサム・ノグチ

海の噴水 「アーチ噴射」 イサム・ノグチ

こんな綺麗な虹もできました。



モエレ沼公園_4」に続く

2012年10月22日月曜日

奥村幸弘展

奥村幸弘さんから、展覧会のご案内をいただきましたが、日程をみるとどちらの展覧会も今週でした。
取り急ぎ、ご紹介します。





2012年10月20日土曜日

モエレ沼公園_2

これは「テトラマウンド」

モエレ沼公園 テトラマウンド イサム・ノグチ

ステンレスの三角錐と、芝生で構成されていて、とても綺麗な造形でした。
ステンレスの表面加工も美しい。

モエレ沼公園 テトラマウンド イサム・ノグチ

三角錐の足元にすこしだけ水が張ってあるのですが、なぜかこれが三角錐全体にきらきら反射するように設計されています。

モエレ沼公園 テトラマウンド イサム・ノグチ

見ているうちに、刻々と表情が変わります。

モエレ沼公園 テトラマウンド イサム・ノグチ


昨日ご紹介した「プレイマウンテン」を反対側から見るとこんな感じです。

モエレ沼公園 プレイマウンテン イサム・ノグチ


遠くに白く見えるのが、ミュージックシェル。

モエレ沼公園 ミュージックシェル イサム・ノグチ

近くまで行きませんでしたが、ステージになっているそうです。

モエレ沼公園_3」に続く

2012年10月18日木曜日

モエレ沼公園_1


このブログ記事を読んで以来、ずっと行ってみたかった「モエレ沼公園
ちょうど1年後に北海道へ行く機会に恵まれました。

モエレ沼公園

この公園札幌市内からは、あまり交通の便が良くないのですが、「絶対行きたい!」と騒いでおりましたら、北海道在住の知人が車で連れて行って下さいました。

札幌市内から、30分程で到着です。

モエレ沼公園

 もともとはゴミ処理場だった土地に、1982年から公園の造成が始まりました。
1988年からイサム・ノグチが計画に参画し2005年にオープンしました。
「モエレ」はアイヌ語の、「静かな水面・ゆったりと流れる」の意味の「モイレベツ」に由来しているそうです。

モエレ沼公園 遊具 イサム・ノグチ

遊具のデザインもイサム・ノグチによるものです。

モエレ沼公園 遊具 イサム・ノグチ

後ろに見えるのは、プレイマウンテン

モエレ沼公園 遊具・プレイマウンテン イサム・ノグチ

モエレ沼公園_2」に続く

2012年10月17日水曜日

KISSES ON THE BOTTOM

今年は、ロンドンオリンピックに登場したり、フランスで勲章をもらったり、なかなかの活躍振りのポール・マッカートニーです。
最近は、元ビートルズという感じがだんだんしなくなったなあ、と思っていたのですが、今年発売のこちらのアルバムもそんな感じです。

「Kisses on the Bottom」 Paul McCartney

 静かなスタンダードのカバーアルバムです。
ジャケットの装幀もきれいです。

こちらのアルバム、アナログ盤も発売されていまして、アナログが聴けるようになった今となっては、そちらにしておけば良かった・・とちょっと後悔です。



先日、BSでこのアルバムのメイキング番組があったのですが、その中で「Only Our Hearts」にハーモニカで参加のスティービー・ワンダーが、
「ポールも大人になって、やっとこういうアルバムが作れるようになった」
と語っていたのが、印象的でした。
ポール・マッカートニー、今年70歳・・。なんかすごい・・。


I can imagine you come home from work, kick your shoes off, and have your favourite drink, whether it’s hot cocoa or wine or a cup of tea, and just sit back. It’s a nice mood. Just let it flood over you.

-「Kisses on the Bottom」 Paul McCartney

「こんな風に想像できるんだ。
あなたが仕事を終えて家に帰ってきて、靴を脱ぎ捨てる。
そして、暖かいココアでも、ワインでも、一杯の紅茶でも、なんでもいいから、あなたのお気に入りを飲みながら、深く椅子に掛ける。
とても良い雰囲気。
そんな時に、この音楽が、あなたの上に流れ注いでいて欲しい。」

2012年10月15日月曜日

安國麻衣展_極小品

私の作品ばかりが続いて、恐縮なのですが・・。
今回はとても小さいものも作ってみました。

Yasukuni Mai ゆう画廊 2012

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75


Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75

Yasukuni Mai   PointLine 2012  75㎜×75