展覧会のお知らせ

<展覧会のお知らせ>

ゆう画廊(銀座)
2017年10月23日(月)-28日(土)
23日 17:00- オープニングパーティー

2016年4月27日水曜日

アメリカ楓

昨年拾った種から発芽したアメリカ楓。
冬の間、枯れ枝のようになっていたのが、新芽が出てきました。
ちゃんとアメリカ楓の葉の形をしていて、絵的にはすごい地味なんですが、結構、感動的です。

2016年4月22日金曜日

CARS TO LIVE IN

私たちが訪れた時、「CARS TO LIVE IN」という企画展をやっていました。
ピロティのサンルームに駐めてある車が室内から見えるようになっています。

Villa Savoye Le Corbusier

古い車も模型や

給油機なんかも展示していました。


2016年4月21日木曜日

Villa Savoye_Le Corbusier_Poissy

2月末の渡仏の際、友人がパリ郊外のポワシーという町に連れていってくれました。
パリから車で30分ほどのセーヌ川沿いの町です。
この町には、ル・コルビジェ設計のサヴォア邸があります。
サヴォア家が週末を過ごすための家で「明るい時間」と名づけられています。
この建築には、コルビジェが提唱した近代建築の5原則がすべて実現されているといいます。

Villa Savoye Le Corbusier

近代建築の5原則

ピロティ 

屋上庭園

自由な設計

自由なファサード

横長の連続窓




2016年4月16日土曜日

さくら_農林団地

せっかくyomodaliteさんに、名前を出していただいたので、少し前の写真ですが、つくばの名所農林団地のさくらもご紹介しておきますね。

今回はこれも夕方の写真ですね。

これは、農林団地らしい写真です。
こんな並木が1.5㎞ほど続きます。
この道を往復するのが私のランニングコースです。

2016年4月15日金曜日

お土産

パリの蚤の市で買ってきたムラノガラスの花瓶です。

アパートから歩いて15分くらいのところに、「アリーグルの蚤の市」があります。
ここは、サンタントワーヌ病院の近くで、修道院のバザーのようなものから始まったそうです。
「クリニャンクール」「モントルイユ」「ヴァンヴ」が、三大蚤の市と言われていますが、このアリーグルはそんな有名蚤の市のお店の方たちが買いにくるそうですよ。
値段も安いですが、いっろんなもの売ってます。
片方だけの靴とか、何かよく解らないふたとか・・。


傍にはは市場もあって、眺めているだけで楽しいです。
写真を撮ってこられると良かったのですけどね。
どんどん行ってしまう二人と一緒でしたから・・。



2016年4月11日月曜日

お花見さんぽ

昨日の夕方、お花見さんぽしてきました。

ここではなぜか 電柱が十字架のように見えます。

全く人がいないように見えますけれどね、もう一組お散歩されていう方たちがいらっしゃったんですよ。
すれ違って、「こんにちは」
池を一周し、再び遭遇して、「や どうも」

この辺りでは、登山者のように、人と出会うと挨拶しちゃうんですね。

鴨も泳いでいます。

筑波山も見えます。
家から歩いて数分で、こんな場所があるなんて幸せですね。

朝、ニュースで報じられていたムヒカ元ウルグアイ大統領の「桜の花は散っても、桜の木は生きている」という言葉を、素敵だなあ!と思って聞いておりました。

2016年4月7日木曜日

ねこやなぎ

こちらも、ちょっと珍しいピンクのねこやなぎ
かわいい・・
Salix gracilistyla ヤナギ科ヤナギ属

2016年4月5日火曜日

まんさく

玄関先のまんさくの花が満開です。
Hamamelis japonica マンサク科マンサク属

2016年4月4日月曜日

雪やなぎ

お花見でにぎやかなところ、地味で恐縮ですが・・
雪やなぎです。
少し、ピンクがかった、ちょっと珍しいものです。
Spiraea thunbergii バラ科シモツケ属