展覧会のお知らせ

<展覧会のお知らせ>

ゆう画廊(銀座)
2017年10月23日(月)-28日(土)
23日 17:00- オープニングパーティー

2017年8月1日火曜日

G.H.Mumm

立派なシャンパンをいただきました。
「G.H.マム」? 飲んだ事はないのですが、なにか聞いた事があるような。
日本人画家、藤田嗣治は、後にフランスに帰化し、シャンパンの生産地ランスで洗礼を受けます。
その時の代父が友人でもあったG.H.マムの社長だったんですね。
その後、藤田はマム社の敷地内に、礼拝堂を築き、その壁にフレスコ画を製作します。
藤田自身もそこに埋葬されてます。
映画「FUJITA」にも、この礼拝堂は登場しました。
「フジタ礼拝堂」

G.H.マムのコルクキャップも藤田のデザインだそうです。
まだ、開封していませんが、いただいたのはロゼではないから、「フジタのバラ」では、ないかも?
レオナール・フジタのバラ

関連記事:「FUJITA_小栗康平
     「腕一本_巴里の横顔_藤田嗣治
     「藤田嗣治展_MOMAT

2 件のコメント:

  1. おーっ、このシャンペンが、その。(驚)

    ルネ・ラルーが礼拝堂のサポーターだったのは、本で読んで知っていましたが、彼がフジタのゴッド・ファーザーだったというのは、知りませんでした。

    中身を飲んじゃったら、コルクキャップの写真も是非。(笑)

    返信削除
  2. 先日友人からいただきました。その友人は全然お酒を飲まず、何の知識もないそうなのですが、いつも、なぜか、お酒のセレクトが絶妙なのです。
    今回も、素敵なシャンペン!と思ったのですが、まさか、「あのシャンペン」だったとは!美味しくいただいたら、コルクキャップの写真も載せますね。

    返信削除